FXを5万円から始めた私の経験談を書いていきます。
結局その後100万円を追加投資しているのですが、FXを始めてから約3年が経過して分かってきた部分も踏まえて書いて行きますので、これからFXを始めたい方に参考になれば嬉しいです。

私がFXを5万円から始めた理由

これはズバリ「お金がなかったから」です。(笑)
当時銀行預金口座には生活費以外に自由になるお金は50万円程度しかありませんでした。
32歳にもなってこの現状は同世代の中でも大分悪い方だと思います。

ただ、そんな状況だからこそ、現状を打開したくて、FXに興味を持ったとも言えます。

契約社員としての給料アップが期待出来ませんでしたので、何か自分で事業を始めるか、副業を始めるか、FXや株などの投資を始めるかを真剣に検討して、結果投資に決めました。

そして株ではなくて、FXにした理由はやはり少額資金で出来る事とレバレッジが最大25倍使えるという点が大きかったです。

私の持論としては、FXにしても株にしても正直どっちもどっちだと思う部分がありました。
有益な情報を持って投資出来る訳でもなく、ある程度運任せな部分が大きいだろうなって考え方です。

そう考えると、投資先の不安定な情報に左右されるよりも、絶対的なルール=レバレッジ最大25倍まで使えるといった点を重要視してFXに決めました。

そして、FXについて調べていくと、数千円程度で始められるという事が分かりました。
ただし、もう少し詳しく調べてみると5万円程度がちゃんとやる上での元手資金の最低ラインかなと思ってます。

1000通貨と10000通貨のFX業者の違い

日本のFX業者はインターネットに広告を出している会社だけでも10社以上あります。
非常に多いです。
そんな数あるFX業者を大きく2つに分けると最低取引通貨単位が、1000通貨単位と10000通貨単位のFX業者に分ける事が出来ます。
これは発注数量の違いを意味します。

この違いは、先ほど書いたFXの元手資金に大きく影響します。
10倍の違いが出てきます。

解説します。

1ドル110円で10000通貨、いくらの証拠金が必要?

FXでは最大25倍のレバレッジを使えますが、逆を言えば、この最大のレバレッジを使った時が最小の取引証拠金でOKなケースとなります。

1ドル110円として、例を出して考えてみましょう。

1万通貨の場合に必要な最低取引証拠金

110円×1万通貨=110万円
110万円÷25=44000円

1000通貨の場合に必要な最低取引証拠金

先ほどの10分の1の金額になります。

110円×1000通貨=11万円
11万円÷25=4400円

10000通貨の場合最低5万円程度が必要になる

この計算例から分かる通り、1万通貨を採用しているFX会社であれば5万円程度の元手が必要になり、1000通貨単位であれば、その10分の1の金額、つまり5000円程度の資金からFXをスタートする事が可能な訳です。

単純に考えれば1000通貨単位のFX会社を選ぶ方が良いじゃん!って思いますよね?

でも実は1万通貨単位で始められる資金、つまり5万円以上で始めた方が良い大きな理由があります。

1万通貨単位を採用しているGMOクリック証券とDMMFX

もしかしたらCMをご覧になった事がありませんか??

新垣結衣さんがテレビCMをやっているGMOクリック証券とローラさんが出演しているDMM.com証券は非常に有名なFX会社です。
FX取引高や顧客の保有口座では日本のFX業者の中で1位2位を争っているくらいです。

どうしてこんな人気だと思いますか??

私が思うに、まず1つが金融商品を取引する誰もが気になる「手数料」が非常に安い点があると思います。
FXの場合、取引手数料と「スプレッド」がコスト負担の部分になります。
ただ、現在では、取引手数料は無料のFX業者がほとんどですので、実質スプレッドがFXでの唯一のコストと言っても良いでしょう。

スプレッドは買値と売値の差額

スプレッドって何?と思いますよね。
分かりやすく言うと、買値と売値の差額です。

海外旅行行くときに空港や銀行などの両替所で為替レートがズラ~っと並んでいる電光掲示板をご覧になられた事がありませんか??
ちょっと思い出して見て下さい。

2つレートが提示されており、買値と売値があったはずです。
そして、この差額がスプレッドなんです。
つまり、FX業者の利益になる部分であり、私達FXトレーダーが支払う取引コストです。

スプレッドは狭ければ狭い方が良い

つまり、スプレッド=この差額は狭ければ狭い方が投資家にとっては有利です。

そして、FX業者の人気・実績でトップを争い、また、1万通貨単位を採用していGMOクリック証券とDMMFXはこのスプレッドが他のFX業者と比較しても優れています。
もしくは同等のトップクラスの水準です。

つまり、出来るだけ安い手数料のFX業者でやりたいのであれば、この2社を選ぶ事が賢い選択になるって事です。

そして、その為には1万通貨で取引する必要があり、その最低金額は5万円前後の元手資金が必要って訳です。

せっかくFXを始めるなら5000円ではなく、5万円にしよう!

FXをこれから始める場合、為替の知識を勉強したり、実際にトレードを経験して、自分の投資スキルを上げていく必要があります。
それにはある程度の時間が必要です。

大体3ヶ月程度、FXの本を読んだり、こういうFXブログを読んで勉強する事で、一通りの事が分かってくると思います。
時間にすると50時間、100時間程度でしょうかね。

でもそれだけ時間をかけているのに、5000円の元手資金で取引していたら1000通貨しかポジションを取ることが出来ないので、為替レートが1円動いても、1000円の収益にしかなりません。

しかし、5万円で始めていたら=1万通貨で始めていたら1円の為替レートの変動が1万円の利益になります。
これくらいの利益が期待出来たほうがFXを始めた意味がありますし、「より真剣に投資の勉強が出来る」と思いませんか??

FXのメリットの1つは少額資金で取引出来る事ですが、あまりにも少額過ぎると期待収益が低すぎて、「それならバイトでもした方がよっぽど稼げるよ!」と思います。

そういう意味でもFXを始めるなら元手資金は5万円をおすすめします!

初めから元手資金が多すぎるのは逆にオススメできない

中には「FXを始める!」「よし300万投入だ!」という方もいるかもしれません。
ただ、私はその方法はおすすめしません。

というのもビギナーズラックがあったとしてもそれはただ”運が良かっただけ”であり、”実力ではない”からです。
ですので、為替相場で勝負すればするほど結局は資金を失う事になる可能性が高いです。

だからこそ”そこそこの資金”で”一通り勉強・経験する事”が最初は大切だと思います。

人気のFX業者を選びつつ、取引コストが安いFX業者にする、その為にはFXの元手資金としては5万円程必要になるって事です!

それでもなお1000通貨のFX業者にこだわりたい人は

私としてはFXは1万通貨でやるべきだと思いますし、その方法をおすすめしていますが、それでも1000通貨が良いという人はYJFX!を試してみると良いと思います。
ネットでの口コミもまぁまぁ良いです。

YJFX!(ワイジェイFX)の評判・口コミと僕が使ってみての感想

YJFX!のポイントとしては、1000通貨対応のFX業者であり、バイナリーオプションサービスの「オプトレ!」があること、シストレの1種である「トレードコレクター」もある等、ヤフーグループのFX会社として総合力に優れたFX会社であるとは思います。
1000通貨単位のFX会社の中ではスプレッドも狭めであり、スワップポイントもなかなかの水準です。
ですので、1000通貨単位のFX会社を選ぶならYJFX!は有力な候補の1つと言えます。

といっても、私はやっぱりメインのFX口座は、人気・実力があるGMOクリック証券かDMMFXの二択だとは思いますけどね!